津島ロータリークラブ

2020-21年度 津島ロータリークラブ会長

 

 滝川林一 会長

ご挨拶

 
2020~‘21年度のホルガー・クナークRI会長は、今年度国際のテーマを『ROTARYOPENS OPPORTUNITIES ロータリーは機会の扉を開く』と提唱しています。そして今。世界ではポリオ根絶の取り組みによって世界でロータリーへの認識が高まっているこの絶好の機会に、行動を起こさなくてはなりません。
「太陽が出ているうちに屋根を修理しなければならない」のです。と呼びかけます。
 
 また、岡部ガバナーは地区活動方針として
「行動するロータリアン!世界で何かよいことをしよう、TOGETHER!」
-ロータリークラブの奉仕が、世界の平和につながってゆきますー
 
 当地区はR1テーマをよく理解したうえで「活力のある、個性に満ちた、多様性のある」クラブ活動を支援してゆきます、と提唱して居ます。
 
 当津島ロータリークラブでは、これらを踏まえ活動をして行こうと思っておりますが突然のコロナウイルスの感染拡大のため、地区行事、IAC年次大会の延期を始め、WFFの中止等や会議も参加人数を少なくして行なわれるなど予定が立ちません。7月からの新年度も予定通り行なうつもりですが、変更になった節は会員の皆様のご協力をお願いいたします。

 予定ではIAC年次大会も一年の延期で当クラブが担当になる予定ですので役員の方々津島東高校との連絡等お願いします。
 地区補助金事業は社会奉仕委員会を中心に箱根駅伝で山の神と云われた神野大地さんのランニング教室を行なう予定です。
 米山奨学生何月琦(カゲツキ)さんの留学生生活を米山奨学委員会で支援して行きます。
 ウイルスの影響で会員減少が世界中で懸念されています。取引先の役員の言葉で「一部減ったら二部補え」と云っております。その心意気で活動して行きたく思いますので皆様のご指導ご協力よろしくお願いします。
 
 

提 唱
親     睦
高  潔  性
多  様  性
奉     仕
リーダーシップ

HOME | 会長挨拶2020-21