津島ロータリークラブ

2021-22年度 津島ロータリークラブ会長

 

 山田勝弘 会長

ご挨拶

 
誰もが経験したことのない日常生活が、日本、そして世界中で続いています。
ロータリークラブも大きな影響を受け、この時代に合った活動をしていかなければと考えます。
2021-22年度RIシェカール・メータ会長は
「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」SERVE TO CHANGE LIVES
を活動のテーマとされました。
公共イメージの向上につながるインパクトのある奉仕事業の実施、そのための会員増強
そして2021-22年度第2760地区 沓名俊裕ガバナーの地区方針は
「チェンジロータリー 新時代への成長に」~コロナゼロ・カーボンゼロ支援~
地域社会で積極的に皆に役立つ奉仕活動を実施し、公共イメージの向上に努めクラブの発展、会員増強につなげるように行動しましょう。と提唱されています。

本年度は、7月にIACの年次大会に始まり、多くの諸事業を行いながら、来るべき次年度の、当クラブ創立70周年の節目を迎える準備も行っていかなくてはなりません。諸事業を通じて地域社会とのつながりを深めロータリーをより理解していただき、新しい多くの仲間を迎えられるよう、例会はもちろんですが、楽しく充実した一年の活動にしていきたいと思います。
一年間よろしくお願い申し上げます。
 
クラブ会員の皆様の協力のもと以下の項目に重点を置いて一年間活動していきたいと思います。
 

  • 地域社会に役立ち、喜んで頂ける奉仕事業の実施
  • 地域社会とのつながりを深めるために会員基盤の拡大、増強
  • 会員相互のより一層の親睦を深め楽しく充実した例会の実施
  • IAC年次大会の実施
  • 創立70周年を迎えるための準備
 

HOME | 会長挨拶2021-22